1. 絞る

個人の「好き!」を深める、”仕事の幅”とは?

個人の「好き!」を深める、”仕事の幅”とは?

小川:1社だけで働き収入源が一つしかないというのは長い目でみて不安ですよね。

石垣:新卒から入社して、人事に配属され、その後、経営企画、次は現場の営業に配属される。職種変更は自分で予期したものばかりではないはずです。その経験からあなたが仮に今日からフリーランスになりました。これやってお金をもらえるというものは何ですか?これに即答できる能力を身につける必要がありますよね。

小川:確かにそう思います。どんな生物が一番強いかと言われますよね。最も力のあるものではなく、環境に柔軟に対応できる生物が一番という話しです。環境によって自分自身をうまく適応できるかどうかは大きい。その原資は自分が何を経験しているか。どんな価値観を持てているのか。そのためには将来強く生き抜くために幅を広げる必要がありますよね。

石垣:営業できます。開発できます。という異なる幅なのか。営業なら、法人営業できますor個人営業できます。1日100件訪問できますor深く入り長期的パートナーシップを築ける。といったような職種内の幅なのか。浅く広くか狭く深くか。どちらがいいですかね。

小川:いろいろな考えがあっていいと思いますが一貫性があればいいと思います。一貫性と言っても、一つしかやってはいけないとか、同じフィールドだけでという話ではありません。読み手の皆さんに上手く伝わるか自信がありませんが、人間としての一貫性です。自分の人生はこれをやってきたんだと言えるもの。こういうストーリーをいきているんだという一貫性。それが人を引き付けるわけですし、その生きざまがアートになるわけです。その一貫性を貫ければ、営業一本でも強いと思います。営業一本だけでなくとも、ストーリーが繋がっていれば、総務や人事の経験も生きるはずです。

石垣:私これできます。といえるだけでなく、これをやっていくらもらいますと言えないとだめですよね。今所属している会社以外はあなたに賃金を支払いませんではだめです。

小川:一つの価値と考えると、あなたの価値にお金を払うと言わなければ価値とはいいづらいです。どんなに素晴らしいものでも、世に知られず購入されなければやはり価値とはいいづらい。人が認めてくれお金を払ってくれる。そこを意識して幅を広げていくといいですね。

一方でお金という尺でドライになりすぎて欲しくはないです。提供できる価値を状況に応じていくらで提供できるかも変えられるはず。あなたの中になるアートを大切にして欲しい。

石垣:スキルを広げるだけでなく、人との関係を広げることも幅を広げる重要な要素ですね。

小川:その人のストーリーを高めて欲しい。その場所をシェアリンクで広げて欲しいです。皆の人間力を濃くできる場所をどんどん広げていって欲しいです。

ABOUT ME
石垣 敦章(イシガキ ノブタカ)
個人で働くのはやりがいがありますよね。でも年収の心配や不安定さはつきもの。個人で働く人同士が相互連携したら、不安も払拭され、顧客にもより高い価値を提供できると思いませんか。自分の求める仕事のスタイルを追求しつつ、異なる特性を活かしあえるコミュニティSynapseを運営しています。
Synapseに参加して自分を発信する!!